第一美術

Online Shop

陶磁器POTTERY

  1. HOME
  2. 商品一覧
  3. 陶磁器
  4. 島岡達三「象嵌赤絵湯呑」

島岡達三「象嵌赤絵湯呑」

人間国宝・島岡達三の定番の湯呑です。手になじみ、あたたかみのある御作品です。

1919年 東京都生まれ
1939年 東京工業大学窯業学科入学
     のちに岐阜県でろくろの勉強を始める
1940年 濱田庄司を訪問
     卒業後の入門を許され一夏滞在
1941年 太平洋戦争の影響で大学を繰り上げ卒業し
     翌年ビルマへ出征
1945年 ビルマで終戦を迎え、タイの捕虜収容所に入る
1946年 復員後すぐに濱田庄司門下となる
1950年 栃木県窯業指導所勤務
1953年 栃木県益子にて独立
1954年 東京「いずみ工藝店」で初個展
1962年 日本民藝館賞受賞
1980年 栃木県文化功労賞受賞
1996年 重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される
2002年 栃木県名誉県民
2007年 逝去

東京生まれの陶芸家。濱田庄司に師事。独立後、当初は名もない職人的な仕事をしようと考えていたが、濱田より個人作家として自身の作品を作るよう諭されて以降、表現を開花させる。縄を転がして模様をつけ、化粧土を塗る「縄文象眼技法」を確立し、独自の釉薬を開発。国内外の個展で精力的に活躍し、後継者の育成にも寄与。1996年民芸陶器(縄文象嵌)で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。

サイズ: 高さ 約8.2cm 直径 約8.3cm
共箱

販売価格(税込)
¥55,000‐
  • お買い物かごに入れる
  • お気に入り登録