第一美術

Online Shop

陶磁器POTTERY

  1. HOME
  2. 商品一覧
  3. 陶磁器
  4. 河井武一「花紋呉須喰籠」

河井武一「花紋呉須喰籠」

河井寛次郎の技術を受け継ぐ河井武一の喰籠です。堂々とした存在感のある御作品です。

1908年 島根県生まれ
1927年 松江中学卒業
     叔父・河井寛次郎に師事
1935年 バーナード・リーチの助手をつとめる
1964年 オーストラリア、ニュージーランドへ遊び、
     シドニー、メルボルン、ウェリントンで
     個展と講習会を開催
     寛次郎・博次・武一の三人展を開催
1970年  仕事場を京都市東山区に移す
1976年  亀岡市に南丹窯を築く
1978年 作陶50周年記念河井武一展を開催
1990年 逝去

叔父である河井寛次郎のもとで長年学び、
その鉄釉・呉須・辰砂・飴釉・鉄砂等の
釉薬調合や、型物造形を受け継ぎ、優品を残す。
日本民芸陶の担い手として上田恒次と並んで双璧と称される。
国画創作協会員、日本民藝館新作展委員・同人。

サイズ:高さ 約15.0cm 幅 約18.3cm
共箱

販売価格(税込)
¥45,000‐
  • お買い物かごに入れる
  • お気に入り登録