第一美術

Online Shop

工芸品CRAFT OBJECT

  1. HOME
  2. 商品一覧
  3. 工芸品
  4. 北村西望「聖観世音菩薩」

北村西望「聖観世音菩薩」

日本彫刻界の大家・北村西望の観音像でございます。御顔には穏やかな表情をたたえています。

1884年 長崎県生まれ
1903年 京都市立美術工芸学校入学
1907年 東京美術学校に入学
1915年 第2回文展で二等賞を受賞
1916年 建畠大夢と共に八手会を結成
1921年 東京美術学校塑造部教授
1931年 京都市立美術工芸学校教諭
1953年 アトリエを建設
1955年 長崎平和祈念像を手掛ける
1958年 文化勲章・文化功労者顕彰受章
1969年 懇志綬褒章受章・日展会長
1972年 島原市名誉市民
1974年 日展名誉会長
1979年 南有馬町名誉町民
1980年 東京都名誉都民
1981年 長崎県名誉県民
1987年 逝去

長崎県生まれの彫刻家。長崎の平和祈念像で最も知られる。1903年、京都市立美術工芸学校彫刻科を首席で卒業の後、1907年には東京美術学校彫刻科も首席で卒業した。同期には朝倉文夫、建畠大夢がいた。在学中より文展で入選を重ね、1919年より帝展で審査員をつとめる。1921年には東京美術学校教授となり、後進の指導にあたった。1925年には弱冠40歳で帝国美術院会員となった。戦後は平和や自由、宗教などをテーマに制作をおこない、1955年には長崎の「平和祈念像」を4年がかりで完成する。長く日展会長をつとめ、1974年日展名誉会長となったほか、日本彫塑会にも出品し後に名誉会長となっている。日本芸術院会員、文化勲章、文化功労者となるなど彫刻界の重鎮として多くの功績を残す。

サイズ:高さ 本体約36.5cm 台座含め約38.5cm 幅約14cm
共箱・共栞

販売価格(税込)
¥95,000‐
  • お買い物かごに入れる
  • お気に入り登録